So-net無料ブログ作成
検索選択
So-net無料ブログ作成
検索選択
前の1件 | -

弱虫ペダル ネタバレ 363話 感想! [弱虫ペダル ネタバレ]


弱虫ペダル ネタバレ 363話 感想!



場面は、鏑木


八木の姿が見えたところ


古賀は、青八木に鏑木を託して、


鏑木の背中を精一杯押す


つなげろ!希望の糸!


青八木の姿を見て、


気分が上向く鏑木


鏑木は、これでチームへ戻れるかもしれない


オレのインターハイはまだ終わらない!


心の中で確認する



鏑木は、手嶋さんか?小野田さんか?


誰が来てくれたのか思う


そして、前にいたのは青八木


まさかの青八木に鏑木は言葉をなくして、


驚く


追走でオレの前を走っていた青八木さん、


戦闘に追いつくために!なのに・・・


三年生で最後のインターハイなのに


今この場所にいるってことは・・・


青八木もちぎれて落ちてきたのか?と鏑木



青八木思わず、無言


状況みたらわかるだろ!オレがお前を待ってるんだ!


青八木


それを信じない鏑木


さらには気の毒そうな顔をしている鏑木


こいつ絶対わかってないな!と青八木


小野田さんか手嶋さんだと思って期待してたよと


鏑木


相変わらずの鏑木だが、


青八木はどっちでもいいついてこいと大人の対応








古賀の最強のサポートに感謝し、青八木は


いくぞ鏑木!これより2名で追い上げを開始!


先頭にいるチームに合流する!と声を上げる


オレと青八木さんでですか?と鏑木


そうだ!だからお前はついてこい離れずにな!と青八木


は、はい!と青八木の気迫につい


はい!と返事してしまう鏑木



しかし、状況は深刻


もう限界の鏑木とどうやって先頭に追いつくか


ペースをむやみに上げると鏑木はついてこれない


すると鏑木から以外な一言が


眉ひそめてつらそうな顔すね、青八木


くそ!しょうがねえ!キツイくせして無理して


肉登りとかいってもすぐペース落ちてるじゃないですかと


思いっきり勘違いしてるとお前はと心で突っ込む青八木だが、


鏑木の動きに変化が現れる



場面変わって、抜き去った集団


総北は二人も落ちたなと話していると


山口の選手の山際は


総北について話すことはやめろと諭す


前年度の王者には敬意を払え


そして、山際は


四番はおそらく六番を待って立ち止まっていたと


分析していた


そして、四番が六番を連れてまた、先頭に合流するのでは?



場面戻って、青八木と鏑木


鏑木が青八木を引き始める


何やってる!なんでお前が前でで


引いてるんだ下がれ!と青八木


カッコつけなくていいですよと


つらそうなのに先輩ぶって、身体はキツイけどオレも引きますよと


あのな・・・!と青八木が止めようとすると鏑木


一番キツかったときよりすごく良くなっているので・・・と








古賀さんにパワーもらったんすよと


成長しろ、お前の伸びしろはすごいってね


あとお前は天才、髪型もカッコイイと


後ろのふたつは言われてないなと心の中で突っ込みながら、


鏑木をとりあえず、走らせてみることにする青八木


鏑木が下がってくるようであれば、


オレが前に出ればいいと


しかし、鏑木の速度は予想に反して速くなっている


引かれているときより、引いてるときの方がペースが速い!


鏑木の変わりように驚きを隠せない青八木


景色のせいにしておく


こいつは特別なバカだ!と青八木



場面変わって、集団


六番と四番の話が続いていた


四番が六番を引き連れて上がってくるってことですか?と


山際は


ロードレースではまさかは起こらん


さっきパスされた総北がもしこの集団に追い付くことがあるなら


それはあの二人のどっちかが、常識はずれの姿で追い付いてくるだろうと



そして、来たのは予想外の六番、鏑木一差


六番が頭だ!と驚く集団


総北、青八木と鏑木の追い上げ


どうなる!?



次号!


スポンサーリンク








nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:コミック
前の1件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。